グリコーゲンの合成は食後、分解は空腹時に起こる

みなさん、グリコーゲンって知っていますか?

グリコーゲンは動物が体内に貯蔵している多糖類で、私たちヒトの体内にも存在しています。

それではグリコーゲンはどのようなタイミングで合成されるのでしょうか。そしてそのグリコーゲンは何に使われるのでしょうか。

その答えは『食後』と『空腹時』にあります。

グリコーゲンは食後に肝臓と筋肉に貯蔵

ご飯

私たちが摂取した糖質のうち、すぐにエネルギーとして利用されないものは、グリコーゲンという形で貯蔵されます。

つまり、グリコーゲンとは、糖質の貯蔵形態といえるのです。

ヒトの体内でグリコーゲンを貯蔵する場所は、主に肝臓と筋肉です。具体的な貯蔵量としては、成人の場合、肝臓に約100g、筋肉に約300gのグリコーゲンを貯蔵することが可能です(個人差あり)。

何のためにグリコーゲンを蓄えているのかというと、食事から糖質が供給されないとき、つまり空腹時に備えて糖質を蓄えているのです。

補足:グリコーゲンは水分も蓄える

ちなみに、グリコーゲンは水を蓄えることもできます。

具体的には、グリコーゲン1g当たり3g程度の水と結合できます。

なので、私たちの体内に400gのグリコーゲンが貯蔵されているとすると、その3倍に当たる1,200gの水を貯蔵することができるのです。

空腹時の血糖維持やエネルギー源として利用

運動

食後に蓄えたグリコーゲンは、空腹時に分解することで利用することができます。ただし、使い道が肝臓グリコーゲンと筋肉グリコーゲンで異なります。

肝臓グリコーゲンは血糖値の維持に、筋肉グリコーゲンは筋肉のエネルギー源として利用されるのです。

肝臓グリコーゲンの分解

肝臓のグリコーゲンを分解すると、グルコースになります。

この反応にはグルコース-6-ホスファターゼという酵素が関わっています。

グリコーゲンを分解すると、グルコース-6-リン酸が生成します。このグルコース-6-リン酸からリンを外してグルコースを生成するには、グルコース-6-ホスファターゼが必要になります。

肝臓にはグルコース-6-ホスファターゼが存在しているので、グルコースを生成することができます。

つまり、肝臓グリコーゲンを分解することで、空腹時の血糖値の維持・回復に利用することができるのです。

筋肉グリコーゲンの分解

それに対し、筋肉のグリコーゲンを分解してもグルコースを作ることはできません。

なぜなら、筋肉にはグルコース-6-ホスファターゼが存在しないからです。

筋肉のグリコーゲンも分解すると、グルコース-6-リン酸ができるのですが、筋肉中にグルコース-6-ホスファターゼが存在しないため、リンを外せません。

つまり、筋肉グリコーゲンを分解してもグルコースを作れない(血糖値の維持には利用できない)のです。

 

じゃあ筋肉グリコーゲンは役立たずなのかというと、そういうわけではありません。

グルコースにはなれませんが、空腹時や運動時の筋肉のエネルギー(ATP)源として利用することができるのです。ゆえに、筋肉にグリコーゲンを蓄えておくことで、マラソンなどの持久的な運動時に役に立ちます。

グリコーゲンの授業まとめ

以上、グリコーゲンのお話でした。

  • グリコーゲンは食後に合成、空腹時に分解
  • グリコーゲンは肝臓と筋肉に貯蔵
  • 肝臓グリコーゲンを分解するとグルコースになる
  • 筋肉グリコーゲンを分解するとエネルギー源になる

この4点を理解しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です