解糖系の場所と代謝のポイントをわかりやすく解説

解糖系アイキャッチ

グルコースからATPを作るための代謝経路である解糖系について解説します。

STEP1
解糖系
細胞質ゾルでの代謝
STEP2
クエン酸回路(TCA回路)
ミトコンドリアのマトリックスでの代謝
STEP3
電子伝達系
ミトコンドリア内膜での代謝

のSTEP1のお話になります。
解糖系は、細胞質ゾルで嫌気的に進行する代謝経路で、グルコースからピルビン酸または乳酸が生成します。

細胞質ゾルに存在する代謝経路

細胞質ゾルとミトコンドリア

解糖系は細胞内の細胞質ゾルで起こる化学反応です。

グルコースからピルビン酸、乳酸を生成する代謝経路

解糖系のスタートは、細胞内に入ってきたグルコースです。

解糖系の代謝

グルコースを起点として、

STEP1
グルコースがグルコース-6-リン酸に変化
酵素ヘキソキナーゼの作用で、グルコースの6位にリン酸が結合しグルコース-6-リン酸が生成。
STEP2
グルコース-6-リン酸がピルビン酸に変化
いろいろな酵素の作用で、グルコース-6-リン酸が異化(分解)されてピルビン酸が生成。この過程でATPが生成
STEP3
ピルビン酸が乳酸に変化
(嫌気的条件下であれば)乳酸脱水素酵素の作用で、ピルビン酸から乳酸が生成。

このような流れで解糖系は進行します。

補足説明
肝臓の場合、ヘキソキナーゼではなくグルコキナーゼとして存在する
STEP3は細胞内に酸素が無い場合(嫌気的条件下)のみ起こる反応です。具体的には無酸素運動などをしているときですね。

酸素がある場合(好気的条件下)は、STEP2のピルビン酸が生成するところで解糖系の反応はストップします(ただしクエン酸回路につながる)。

関連記事>>クエン酸回路の場所と代謝のポイントをわかりやすく解説

解糖系は嫌気的に進行する

解糖系は、細胞内に酸素があっても(好気的条件下でも)、酸素が無くても(嫌気的条件下でも)進行します。

ただし、どちらの条件下でも酸素を使わずに進んでいくので、一般的に『解糖系は嫌気的に進行する』と表現します。

生成するATPは2分子

この解糖系で獲得できるATPは2分子です。

補足説明
実際は4分子生成している。ただし、解糖系の進行過程で2分子消費されるため、4ATP-2ATP=2分子生成となる。

解糖系の授業まとめ

以上、解糖系の授業でした。

  • 解糖系は細胞質ゾルで起こる
  • 嫌気的条件下で乳酸、好気的条件下でピルビン酸が生成
  • 解糖系の進行に酸素は不要(嫌気的に進行)
  • 解糖系では2分子のATPが生成

この4点を理解しておいてください。

ツカサ

解糖系の次はクエン酸回路を勉強しましょう!

NEXT>>クエン酸回路のポイントを勉強する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です