ケトン体は空腹時(絶食時)に合成されエネルギー源として利用される

ケトン体と呼ばれる物質をご存知でしょうか。

ケトン体とは、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの総称です。

今回は、このケトン体がいつ、どこで合成されるのか。そしてどこで、どのようにして利用されるのかを解説していきます。

ケトン体は空腹時にアセチルCoAから合成される

ケトン体が合成されるタイミングは空腹時・絶食時です。

この記事(中性脂肪は空腹時に分解される)で、空腹時には脂肪酸が分解されてアセチルCoAが生成するというお話をしましたよね。

実はこのアセチルCoA、すべてがエネルギー(ATP)合成に利用されるわけではありません。

脂肪酸分解により生じたアセチルCoAの一部は、ケトン体合成に利用されるのです。

ケトン体は肝臓のミトコンドリアで合成される

ケトン体合成

ケトン体はどこの臓器組織でも合成できるわけではありません。

ケトン体は肝臓のミトコンドリア内で合成される物質です。

肝臓のミトコンドリア内でアセチルCoAを起点として、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの3つのケトン体が合成されるのです。

ケトン体は肝臓以外の組織でエネルギー源として利用される

ケトン体のエネルギー化

肝臓で合成されたケトン体は、血液中に放出され、肝臓以外の組織(脳や心臓、筋肉など)に取り込まれます

そして、取り込まれた組織内で再びアセチルCoAに変換され、空腹時のエネルギー源として利用することができるのです。

ただし、ケトン体のうちアセトンだけはエネルギー源として利用されません。アセトンは呼気と一緒に、体外へ排出されます。

ケトン体は酸性。アシドーシスの原因にも

ちなみにこのケトン体、酸性物質です。

つまりケトン体が体内に蓄積し過ぎると、血液がどんどん酸性に傾いていってしまい、アシドーシス(ケトアシドーシス)と呼ばれる病態になることがあります。

ケトン体が増えすぎてしまう原因としては、長期間の飢餓状態や重症化した糖尿病などがあります。

ケトン体の授業まとめ

以上、ケトン体のお話でした。

  • ケトン体はアセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの総称
  • ケトン体は空腹時・絶食時に肝臓で合成される
  • ケトン体は肝臓以外の組織でエネルギー源として利用可能

ケトン体に関しては、この3点を理解しておいていただければバッチリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です