ビタミンAの生理作用と欠乏症・過剰症_暗順応に関わるビタミン

ビタミンA_アイキャッチ

脂溶性ビタミンであるビタミンAの生理作用と欠乏症・過剰症について解説していきます。

黄色やオレンジ色の野菜類に多く含まれているイメージがあるビタミンA。

しかし、野菜類に含まれているのはビタミンAの前駆体であるプロビタミンAなんです。

私たちヒトが生体内で主に使っているビタミンAは、レチノールと呼ばれる物質で動物性食品に多く含まれています。

そして、このビタミンAは暗順応に大きく関わっているのです。

ビタミンAの化学名はレチノール

ビタミンAには、A1系とA2系が存在します。

  • A1系:レチノール、レチナール、レチノイン酸
  • A2系:3-デヒドロレチノール、3-デヒドロレチナール、3-デヒドロレチノイン酸

ただ、一般的に『ビタミンA』というときは、レチノールのことを意味しています。

レチノールは動物性食品に多く含まれる

レチノールは、動物性食品に多く含まれているビタミンです。

具体的には動物(牛、豚、鶏等)の肝臓に多く含まれています。あとは、卵の卵黄にも多く含まれていますね。

ツカサ

にもかかわらず、パプリカをアイキャッチに使ってすみません!

植物性食品にはプロビタミンAが含まれる

野菜と果物

ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜には、ビタミンAが多く含まれているイメージがあると思いますが、植物に含まれているのはビタミンAの前駆体であるプロビタミンAです。

前駆体
前駆体とは、ある物質の前段階の物質。

プロビタミンAの代表的なものとしては、

  • α-カロテン
  • β-カロテン
  • γ-カロテン
  • β-クリプトキサンチン

があります。

プロビタミンAはあくまでも、前駆体。吸収率や生体での利用率はビタミンA(レチノール)には劣ります

つまり、そのままビタミンA(レチノール)として、ヒトが利用できるわけではありません。

β-カロテンのビタミンA活性はレチノールの1/12

プロビタミンAのなかで、生体での利用率が最も高いのはβ-カロテンで、緑黄色野菜を中心とした食品中にも多く含まれています。

では食品から摂取したβ-カロテンは、どれくらいビタミンA(レチノール)として働いてくれるのでしょうか。

それは1/12です。

β-カロテンの消化管からの吸収率はレチノールの1/6、吸収後のレチノールへの変換率は1/2となっています。

つまり、

  • β-カロテンのビタミンA活性=1/6 × 1/2=1/12

となるわけですね。

ビタミンAの生理作用:暗順応に関与するロドプシンの構成成分

暗闇

私たちは暗闇でも、目が慣れてくれば、ある程度モノを視ることができます。これを暗順応といい、ビタミンAが大きく関わっています。

暗順応を起こすには、眼の網膜内でロドプシン(視紅)と呼ばれる物質を光によって分解する必要があります。

このロドプシンの構成成分としてビタミンA(レチナール)が使われているんです。

ビタミンAの欠乏症:夜盲症、乾燥症

前述した通り、ロドプシンがなければ、暗順応は起こりません。

ビタミンAが欠乏すると、もちろんロドプシンが作れませんから、暗所での視力を失うことになります。これを夜盲症といいます。

夜盲症がさらに進行すると、角膜の乾燥や潰瘍により失明することもあります。

ツカサ

日本でビタミンA欠乏になることはまずありません。開発途上国など問題となっています。

ビタミンAの過剰症:頭痛、胎児奇形

ビタミンAを過剰に摂取すると、頭蓋内圧亢進による頭痛が起こることがあります。

また、妊娠期間中にビタミンAを過剰に摂取した場合は、お腹の中の胎児に奇形が生じることがあります。

ただ、普通の食生活をしていれば、この日本でビタミンAの過剰となることはありませんので、安心してください。

ツカサ

ただし、ビタミン系のサプリメントを飲んでいる場合は要注意!特に妊娠中の摂取は、主治医や管理栄養士に相談しましょう!

プロビタミンAの大量摂取で過剰症は起こらない

ちなみに、プロビタミンAであるカロテン類を大量に摂取しても、過剰症は起こりません

その理由は、先ほど紹介したように“β-カロテンのビタミンA活性はレチノールの1/12”だからです。

β-カロテンを大量に食べたところで、実際にビタミンAとして使われるのは1/12なので、過剰症は起こらないということですね。

ツカサ

カロテン類を食べ過ぎると、一時的に皮膚が黄色くなることがあります。この黄染現象には害はありませんので、安心してくださいね!

ビタミンAの授業まとめ

以上、ビタミンAのお話でした。

  • レチノールは動物性食品に多く含まれる
  • 植物性食品にはプロビタミンAが含まれる
  • β-カロテンのビタミンA活性はレチノールの1/12
  • ビタミンAは暗順応に関与する
  • 欠乏症の代表は夜盲症

この5点を覚えておいてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です