ビタミンB2の生理作用と欠乏症_エネルギー代謝に関わるビタミン

ビタミンB2_アイキャッチ

水溶性ビタミンであるビタミンB2の生理作用と欠乏症について解説していきます。

ビタミンB2はエネルギー代謝における酸化還元反応に関わっています。

具体的には、クエン酸回路におけるFADH2の生成脂肪酸の分解(β酸化)の補酵素として関与することになりますので、その仕組みをわかりやすく解説していきます。

ビタミンB2の化学名はリボフラビン、活性型はFMNとFAD

ビタミンB2の化学名はリボフラビンで、色は蛍光色の黄色です。

ツカサ

ビタミンB系のサプリを摂取すると尿が黄色くなるのもリボフラビンが関与しています

小腸から吸収されたビタミンB2は、細胞内では活性型であるフラビンアデニンモノヌクレオチド(FMN)やフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)に変換されて存在しています。

FADはクエン酸回路でのFADH2に関与する

ビタミンB2の活性型であるFADは、クエン酸回路におけるFADH2の合成材料として利用されています。

電子伝達系の代謝

クエン酸回路で生成されたFADH2は、NADHと共に電子伝達系でATP合成の材料として利用されることになります。

つまり、ビタミンB2はエネルギー(ATP)産生に大きく関わっているビタミンといえるんです。

クエン酸回路や電子伝達系について詳しく勉強したい場合は『クエン酸回路の場所と代謝のポイントをわかりやすく解説』、『電子伝達系の場所と代謝のポイントをわかりやすく解説』をご覧ください。

FADは脂肪酸のβ酸化にも関与している

空腹時などに脂質を分解してエネルギーに変換するためには、脂肪酸を分解(β酸化)し、アセチルCoAに変化する必要があります。

脂肪酸のβ酸化

このβ酸化によりアセチルCoAを生成する過程にもFADが関与しています。

つまり、ビタミンB2は脂質の代謝にも利用されている、といえるんですね。

β酸化について詳しく勉強したい場合は『中性脂肪は空腹時に分解される』をご覧ください。

ビタミンB2の欠乏症:成長阻害、口唇炎、舌炎、皮膚炎

ビタミンB2はヒトの発育にも関わるビタミンであるため、不足すると成長が阻害されることがあります。

また、細胞の再生にも関与しているため、習慣的な摂取量が不足すると、口唇や口腔内に炎症が起こることがあります。

ビタミンB2の授業まとめ

以上、ビタミンB2のお話でした。

  • ビタミンB2の活性型はチアミンピロリン酸(TPP)
  • ビタミンB2はエネルギー代謝に関与する
  • 欠乏すると成長阻害や炎症症状が起こる

この3点を覚えておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です